PS4 バトオペ2 βテスト後の仕様変更まとめ

ゲーム・アプリ口コミ・レビュー, 無料あり, 解説・考察

バトオペ2 βテスト後の仕様変更をまとめて行きたいと思います。公式発表はTwitterでされていくようなので、@gundambattleopeをチェックしておきましょう!!

もちろんこれが最終仕様ではないと思いますし、リリース後も変更が加えられると思います。制作陣の皆さんを応援しながら待ちましょう!

2018.4 バトオペ2 βテスト

バトオペ2のβテストが行われたのが、2018年4月。
4/20 19:00~22:00
4/21 18:30~22:00

初日はまともにプレイできませんでしたが、僕個人の感想はこちらにまとめています。
PS4 バトオペ2 βテスト地上戦・宇宙戦の感想など。

2018.6 公式から情報が出始める

沈黙を守っていたバトオペ2公式Twitterから遂に情報が発信され始めました!

よろけ継続の上書きなど、前作と変わった仕様が元に戻る?

特に不満の多かったのが、よろけ継続ではないでしょうか。前作と違い、どんなタイミングでもよろけが上書きされ、無限によろけが取れてしまう状態です。自分はそうなることがなかったので、βテスト後に知りましたが、やられるほうは堪りませんね。

前作だと、よろけ継続にもコツが必要でした。バズ > 下 で即座にダウンさせると起き上がり無敵を与えてしまうので、味方との連携で敵機のよろけが終わったタイミングでもう一度よろけ(格闘やバズ)を加えるという手法(餅つき なんて呼ばれてましたね)がとられました。味方2(支援 バズ汎)敵1(格闘)などでよくある局面ですね。

この辺は前作と同じ仕様に落ち着きそうです。また、爆炎のエフェクトも若干抑え気味に。ここは好みもあると思うのでどちらでもよかったのですが、目には優しそうですね。

新スキル『マニューバアーマー』

強襲機を中心に高速移動中は怯みにくくなる新スキル『マニューバアーマー』が追加されました。

ベータテストの感想として、宇宙戦闘が射撃優位な戦場になりそう・・・というものがありました。やはりこういった意見も多かったのでしょうね。
エイム角の狭さは、「見えてるのに攻撃できない!」なんて状態になりましたし、動きづらさは格闘主体のMSには致命的だったと思います。

そこで開発陣が出した解決策が
・カメラ仰俯角の拡大
・後方移動速度の抑制
・高速移動でよろけ無効!?

動画を観た限りでは宇宙戦でも強襲機が使えそうになったのが嬉しいです!!
徳島Dの補足がありましたのでこちらもチェックしておきましょう。

高速移動中に姿勢制御によって擬似傾斜装甲を形成して衝撃を逃すイメージ・・・
言葉の意味はよく分からんが、とにかくすごい自信だ!へのつっぱりはいらんですよ!!

たぶんミノフスキーなんちゃらがなんちゃら層を形成して劣化Iフィールド的疑似スーパーアーマーとなるのであろう!こまけぇこたぁ良いんだよ!!

ちなみにスーパーアーマーは前作のゴッグのことです。ゴッグは足が遅く、スラも少なめという鈍足格闘機でしたが、ダウン攻撃以外で足を止めることができないMSでした。

バトオペ2ではマシンガンなども一定量のダメージでよろけが発生するようになりました。こういった蓄積ダメージはマニューバアーマーで減衰されないようです。

まとめ

  • 名称は『マニューバアーマー』
  • マニューバアーマーはダメージリアクションを一段階軽減(よろけが怯みになる)
  • 射撃にのみ有効
  • マシなどの蓄積ダメージは減衰しない

こういったアンケート結果に真摯に向き合って最良の仕様を模索してくれる制作陣には頭が下がりますね。バトオペ2を楽しみにしている1ユーザーとして嬉しいです。

早くプレイしたい!!という気持ちはみんな同じだと思います。が、延びているのは最高の形でリリースしようとするプロ意識故だと思うので、気長に待ちたいなと思います。

バトオペやりたいけどPS4だしなぁという方もいると思いますが、神ゲーの予感プンプンですよ!
バトオペ2の為にPS4を買ったお話

こちらの記事もPS4選びの参考にして頂けると幸いです。
PlayStation4(PS4) 型番 種類別まとめ・比較

おすすめの関連情報はこちら